東京で学ぼう!トップ > 保護者の皆様へ

安達学園グループへお子様の入学を検討されている保護者の皆様へ

安達学園グループでは、保護者の皆様がお子様を安心して東京にある本学園に入学させて頂けるよう、各校の学科担任とキャリアサポートセンター(就職センター)のスタッフが、お子様ひとりひとりとコミュニケーションをとり、「東京での生活」や「就職活動」、「学校生活」などをサポートしております。
また、東京での就職に結びつくように、企業とのタイアップ情報や、インターン情報、求人情報などをもとに、学生にあった就職先が見つかるようにしっかりとサポートしていきますので、安心してお子様をお任せ下さい。

安達学園グループでは、「3つの分野」でサポートします

ひとりひとりと話して関係ができているからこそ合う企業が見つかり、チャンスにつなげられます

東京デザイナー学院 D・E・S・T・A 就職情報センター長 渡邊 裕子先生

 デザイン系の企業は東京に集中しているため、業界を目指すなら東京で学ぶことをおすすめします。また、本校の周りには美術館や文化的名所、秋葉原などがあり、地の利もメリットだと思います。デザイン業界はアイデアや発想力がある人材を求めています。刺激のある環境に身を置くことで、デザイン活動のベースになる沢山の事を吸収できるのではないでしょうか。
 本校では学生が業界や仕事への理解を深めるために、1年生の早い時期から業界の情報や企業との関わりを提供しています。学校内のイベントでは毎年たくさんの企業が作品を見に来校しますし、インターンシップも沢山の受け入れ先があります。マッチングすればそのまま就職につながるということも珍しくありません。学校ではお子様のスキルを活かす仕事につながるチャンスとタイミングを逃さないように、きめ細やかなサポートをしますので、ご安心していただければと思います。
 クラスは担任制で、学生達をしっかりとケアしています。キャリア・サポートセンターのスタッフたちも担任と常にやりとりをしています。個人カードでひとりひとりの状況を把握し、学生の適性に合った企業を紹介できるようにしています。就職室は就職面だけでなく、心の面でも就職室に行くといろいろな話ができると思ってもらえるような役割になればと考えています。

クラス担任とキャリア・サポートセンターが就職から生活面までしっかりと指導します

東京ビジュアルアーツ キャリア・サポートセンター長 川端 弘之先生

 音楽やエンタメ業界に進みたいなら、やはり業界が集中している東京で学ぶことがいちばんの近道です。本校の講師陣は実際に現役で活躍しているのでリアルな業界の話を聞くことができ、業界への関心や理解をより高められるのではと思います。また、お子様に合った現場を講師やキャリア・サポートセンターが斡旋し、在学中から研修として現場に行けるチャンスも数多くあります。
 クラスでは担任制度を取っているので、ひとりひとりへの気配りやケアにも気をつかっています。欠席に関しても逐一連絡を取り、お子様の状況の把握を怠りません。初めてのひとり暮らしで家賃や住む場所に悩む方には生活プランの相談に乗り、無理なく暮らせるように細かく生活費まで算出していくので安心してください。保護者の方向けには年に1度、ご希望される方をお招きして業界セミナーも開催しています。少しでも業界を理解していただきたいのでセミナー後には、進路や職種についての個別相談も行っています。
 この業界は決して楽ではありませんが、保護者の方の理解と応援がいちばん本人の活力になるかと思います。お子様自身で決めた夢や目標を一緒に見守っていきませんか。キャリア・サポートセンターでもできる限りのフォローをし、学校生活をサポートいたします。

実際に企業を見られる機会を多く与えて内定に結びつけるような働きを行っています

東京ネットウエイブ 就職情報センター 川上 美樹先生

 本校で学べるゲームやアニメーション、声優、サウンドといった分野は、企業の多くが東京
に集中しています。それは就職先が多くあるだけではなく、現場で働いている方を講師として
招きやすいというメリットもあります。現役のプロが授業を担当しているので、通常の授業で
業界で活躍するための技術を直接学ぶことができるのです。
 それらの先生の指導のもと、本校では1999年から毎年東京ゲームショウにブースを出展し、作品を発表しています。また2016年は産学協同で企業の方と制作したフル3DCGアニメーションCMを、アニメジャパンに出展します。在学中から企業の方や一般の方に実際に作品を見ていただけるので、学生にとっては大きな刺激をもらえる場になっています。そういった業界イベントに参加しやすい土地の利も、東京で学ぶ魅力のひとつですね。
 就職活動は悩みも学生によって異なりますから、一人ひとりを個別にサポートしています。
履歴書の書き方や面接の練習などの相談はもちろん、ゲーム・アニメーション業界で就職する
ために必要なポートフォリオ(作品集)の作り方も指導しています。学内で行う企業説明会にも
多くの企業の人事担当者の方にお越しいただいています。2016年からはより気軽に企業の方とコミュニケーションが取れるキャリアスクエアもオープンします。さまざまな取り組みを通して、より学生が希望する業界とつながれるよう私たちがサポートしていきますので、学生には安心して学んでいただきたいと思っております。

キャリアサポートセンターのスタッフが一丸となりお子様の就職が決まるまで、全力で指導します

東京スクール・オブ・ビジネス キャリアサポートセンター長 徳竹 久吉先生

 東京で学ぶことのメリットは企業数が多く、新しい情報がいち早く得られるということです。本校では1年生の後期からキャリアサポートセンターが授業に関わり、書類の書き方や面接での話し方、グループディスカッションなどを指導していきます。12月には企業へエントリーをしながら就職活動の波に乗せていき、4月からは授業のなかに就職活動を取り入れ、目に見えるところで二人三脚となり動いて行くというやり方をとっています。そのため、学生が就職活動に出遅れるということは決してありません。
 2年生の後期になると内定者が多くなり、就職活動をする学生の人数も減ってきます。そこからは、各学科に分かれてついていたキャリアのスタッフが全学科を見て行く形になります。土日などを使い未内定者講座を開き、相談に乗れる場所を作って全員で指導をしています。本校では就職希望率を上げたうえでの就職率を上げることにも学校全体でこだわっており、3月に就職が決まらなかったら4月、5月と必ず最後までサポートしています。
 生活面でも毎日顔を合わせる担任に加えて我々キャリアサポートセンターのスタッフもいますので、具合が悪くて休んでいたらすぐに連絡を入れて様子を確認していますのでご安心ください。最新の情報が集まる東京の企業に勤めることでどこに行っても通用する人材になりますので、ぜひ、東京で経験を積んでいただきたいと思います。

歴史があり、業界からの信頼も厚い当校でお子様が多くの経験を得られるようにサポート

東京観光専門学校 就職情報センター室長 篠田 真千先生

 ホテルや旅行会社、鉄道などの観光サービス業界は、本社が東京に置いてある場合が多いので、得られる情報も非常に多いことが東京で学ぶことのメリットです。私たち就職情報センターの職員が定期的に重要企業の人事担当の方とコミュニケーションを取っているので、情報をいち早く学生にフィードバックできるのも魅力かと思います。
 また、歴史がある学校なので業界に特化し、長年にわたってたくさんの卒業生を輩出しています。その点で企業の方から注目をいただき信頼も厚いため、在学中から目指す業界での就労体験ができます。たとえば鉄道だと東京メトロ様、ブライダルだと八芳園様、旅行会社は近畿日本ツーリスト様、ホテルは帝国ホテル様など、さまざまな有名企業から快く受け入れをしていただいています。年上の方とコミュニケーションを取りながら自分で考えて仕事をする経験はお子様の大きな成長の機会になると思います。さらに、1年の2月3月頃にはスキルアップ講座という、だいたい30〜40社の企業の方を学校に招いた説明会を行っています。こちらも本校ならではの特色なのではないでしょうか。
 クラスは担任制度でお子様の状況もチェックし、就職のための個人面談も丁寧に行っています。本校で学ぶことによって目指す職業についての情報や経験が多く得られると思いますので、安心してお預けいただきたいと思います。

オープンキャンパスのお申し込みはこちら 学校見学・個別相談のお申し込みはこちら
お問い合わせ/個別相談先

[ 専門学校 東京ネットウエイブ ]

freedial:0120-65-6226 / 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-17